FC2ブログ

夜は短し旅せよ乙女

Girl's Travel around Europe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Best 5 travel apps

IMG_4810[1]


旅を助けるアプリ5選。

留学していた頃はまだメジャーではなかったスマホですが、今やマサイ族の若者もiPhoneを持つ時代に。カフェやホテルでWi-Fiを拾えば気軽に家族と連絡も取れ、一人旅が格段にし易くなったと思います。いざピックアップするとメジャーどころばかりですが、お世話になりっぱなしのスマホで旅行中に使用頻度の高かったアプリをご紹介します。
1. Google map: いきなり定番モノですが、やはり一番使用頻度が高かったです。次に行く街を「オフラインエリア」として事前にアプリ内にダウンロードしておけば、Wi-Fiの捕まらない街中でもお目当ての場所へ辿り着くことができます。まだ土地勘のない到着初日でも、「現在地周辺のスーパー」で検索すればホテル周辺で探し回らずに済みます。
2. Rail planner: Eurail passの公式アプリ。ヨーロッパ(ユーレイル圏内)の鉄道の時刻が簡単に検索できます。ユーレイルパスホルダーにとっては予約の必要の有無が一目で分かるので必須。パスを保持していなくてもオフラインで検索ができるため、急な変更にも臨機応変に対応できます。言葉が通じなくても検索画面を見せれば一目瞭然です。トーマスクックの時刻表、重くないですか?私はこれで十分かなと思います。
3. Booking.com: これも定番ですが、直前までキャンセル無料のプランがあるところが長期の旅行では便利でした。家のPCでもログインしておけば家族も予約状況を閲覧できるので、いざという時にホテルへ連絡することができます。
4. MAPS.ME: これも地図モノ。Google mapより情報量は落ちますがアプリを開くと勝手に現在地周辺をダウンロードしてくれ、自分の向いている方向まで分かります。ピンも見やすく地図が苦手な方にオススメです。
5. Google Drive: Gmailに付随したサービスで無料で最大15GBまでデータを保管できます。(容量は追加購入できます)ファイルで作った目的地の情報を入れてスマホで確認したり、撮った写真を毎日アップロードしていけば万が一カメラや携帯を盗まれても思い出を守ることができます。

*** Please check out my instagram page!

スポンサーサイト

My packing rule: Flight

20160612223910039.jpeg 

スーツケースの中身。(パッキング&フライト編)

ヨーロッパまで短くとも13時間のフライト、片頭痛持ちなので映画もそこそこに旅の計画を立てていることが多いです。今回は訪問都市数が多いのでガイドブックは持たず、地球の歩き方ヨーロッパの地図ページのみ破って持っていきました。詳細な地図はGoogle mapのアプリで事前にオフラインエリアとしてダウンロードしておけば、インターネット接続がなくても位置情報を掴めます。行きたい場所は事前にエクセルにまとめてGoogle Driveに格納。これでいつでもスマホで全都市の情報にアクセスできます。この事前準備に加えて今回購入したのがHerb Lesterのポケットサイズのガイドマップ。イギリス発のコンセプチュアルな地図で、兎に角ビジュアルが最高にお洒落です。日本にも郵送してくれるので旅行に出かける友人への餞なんかにもお勧め。
そして最後にスーツケースに予備のスマホを。普段はiPod代わりにしている先代iPhone5ですが、携帯をスられた際にいち早く連絡が取れるよう分けて保管していました。現地では一人の時は緊急時の音を聞き洩らさないよう、音楽を聴く機会は殆どありません。

** Please check out my instagram page!

My packing rule: Cosmetic

20160612230601668.jpeg 

スーツケースの中身。(コスメ編)

コスメも拘りが少なく、あるものでなんとか生きれるタイプです。シャンプーなんかのヘア用品も最初の街で大きなサイズのものを買って3ヶ月かけて使い切り、化粧品もなくなればその国で買い足していました。なのでコスメに関しては2アイテムだけ。

20160612222923bd6.jpeg 

まずはポリッシュ。CHANELのヴェルニを5色持っていきました。ポリッシュだとスーツケースの隙間に滑り込ませるし、5色をローテーションで回せば同じ色に飽きることなく過ごせます。現地でその国ならではのプチプラものを試すのも楽しそうです。凝った塗り方が出来れば良いのですが、10年来の友人がネイリストなので国内では数年間彼女に任せっきり。なのでセルフネイルが大の苦手です…。

20160615173945cd3.jpeg 

そしてこちらも着回しの一環としての口紅たち。その日の気分によって赤やピンク、パールなど塗り替えていましたが、やっぱり海外で出番が多いのは赤リップでした。

** Please check out my instagram page!

My packing rule: Fashion

2016061222293729f.jpeg 

スーツケースの中身。(ファッション編)

服なんて現地で買うわって人も毎日違う服がいいわって人もいるのでナニが何枚だって野暮な話はしませんが、持って行ってよかったなと思うアイテムたちをご紹介します。意外とこれじゃなきゃ嫌!みたいな拘りは少ないタイプです。
20160615173933469.jpeg 

まずはサングラス。街の雰囲気やファッションによってチェンジするため数種類持って行きました。イタリアではティアドロップ、フレアスカートの日は丸いフォルムのもの…など荷物を増やすことなく楽しめます。持って行ったのは全て盗まれても壊れてもダメージの少ないプチプラなもの。実際現地で2つも壊れてしまいました…。同じ理由でピアスも数種類。いつものニットでも華やかなピアスを合わせればオペラや観劇に行けるようにと持っていきました。大振りのピアスが使い勝手が良くてお気に入りです。ただ治安の良くない地域や鉄道移動中は防犯のため、基本的にノーアクセで過ごすことにしていました。

20160615124633d04.jpeg 

3つ目はマニッシュシューズ。1日10km近く歩くのでヒールは厳しい、でもスニーカーやロングブーツだとカジュアル過ぎて入れる場所が限られる…という時に役に立った所謂”おじ靴”。フラットで楽なのにそこそこドレスアップして見えるので、登場頻度は高めでした。

*** Please check out my instagram page!

Traveling Bag

201606122238300dc.jpeg 

旅の相棒、BAG選び。

移動を繰り返す長期旅行の定番といえばバックパックですが、ビジュアルの問題から私はスーツケース一択です。特に拘りはありませんが、今まで使っていたものに寿命がきていたため今旅を機に買い替えることにしました。たまたま安く手に入る機会があったのでAmerican touristorのVivolite Spinner 75を購入。Samsoniteの傘下ブランドなだけあってとにかく軽量です。ただ致命的なのが容量90Lの表記の割にあまり収納力がないように感じるところ。3ヶ月分の大荷物はテトリスのように正しい順番でパッキングしないと入りませんでした。もちろん、スーツケースとセットでネームタグとスーツケースベルトを忘れずに。(私は見事に忘れて現地調達しました)

20160612223753efd.jpeg 

街歩き用にはDHOLICのボストンバッグを購入しました。雨濡れ可の素材でストラップ付き、ジッパーが硬くナイフでも切れないなかなかタフな鞄です。長期一人旅の場合は買ったお土産も入れてしまえる収納力と、何よりも防犯性を重視したいと思っています。短期で行く際にはその街に合わせたお洋服を楽しみたいです!

*** Please check out my instagram page!

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。