FC2ブログ

夜は短し旅せよ乙女

Girl's Travel around Europe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eat Brussels

20160905215543c0c.jpeg 

美食の国で食べるべき名物たち。

美食の国とも呼ばれるベルギー、GODIVAでお馴染みチョコレートをはじめベルギービールやワッフル、フリットと呼ばれるフライドポテトなど、名物がたくさんある国としても有名です。チョコレートの個人消費量はスイスが第一位ですが、お土産としてのチョコレートの地位はベルギーの方が高いのか旧市街の中心地は5軒に1軒はチョコレート屋と言っても過言ではない程多くのお店が並んでいました。更に5軒に1軒はワッフル屋さん。美味しそうなショーウィンドウが立て続けに誘惑してきます。ワッフル屋さんの多くは生クリームや可愛らしいデコレーションが施された女子大喜びのスイーツで、日本のクレープ屋さんに非常に近しいものを感じます。生クリームなどの甘すぎるものがあまり得意ではない(キャラメルとかホワイトチョコとか…我ながら可愛げないなと思います笑)ので私はチョコレートソースがかかっただけのクラシックなものを。結局グラン・プラス周辺に数店ある1829年創業の老舗「Maison Dandoy」で頂きました。無事甘すぎることもなく美味しかったです…!勿論日本でも食べれますがベルギーに来た!ということで是非。続いてはブリュッセルっ子も愛するフリット。英国ではチップス、ドイツ語圏ではポメスでしょうか。こちらは事前に調べておいた人気店「Fritland」へ。場所がいいこともあり常に店内は大盛況でした。この手のジャンクフードってなんでこんな美味しいんでしょうね…一人なのに2回も食べに行ってしまいました。

***Please check out my instagram page!
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。